1. HOME
  2. 寄付の種類
  3. 生徒・学生への支援
  4. 陸上競技部(女子駅伝チーム含む)

陸上競技部(女子駅伝チーム含む)

1人でも多くの部員が関東インカレ、全日本インカレに出場、入賞することを目標に活動しています。

 

所属団体

関東学生陸上競技連盟

 

指導者名

川崎 登志喜

 

寄付金の利用用途

1.道具購入費用(ハードル、電子計測器等)

2.合宿、遠征費用補助

 

部活内容・目標

短距離の目標は一人でも多くの部員が関東インカレ、全日本インカレ出場、入賞

女子長距離の目標は全日本女子駅伝、富士山駅伝8位入賞

 

2018年戦績

第97回関東学生陸上競技対校選手権大会
(男子2部)走幅跳 高橋 武  第3位
(女子1部)1500m 中畑 友花  第6位

第24回関東学生女子駅伝対校選手権大会 第6位

第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 第10位

 

2019年戦績

第25回関東学生女子駅伝対校選手権大会 第8位

第37回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 第16位

 

2020年戦績

開催中止のためなし

 

 

 

陸上競技部(女子駅伝チーム含む)に寄付する

より高い意識を持って練習に励むことができるようになりました。

私たち陸上競技部は、1人でも多くの部員が関東インカレ、全日本インカレに出場、入賞することを目標に活動しています。
 

「ゆめ100募金」では、昨年度の合宿の補助金として使用させていただく予定でしたが中止となってしまい、2020年度は電子計測機などたくさんのものを購入させていただきました。
電子計測機では、正確な記録を測ることができ、部員一同具体的な記録に着目しながら高い意識を持って練習に励んでいます。
ご支援頂き誠にありがとうございました。

_DSC7524 (2).jpg
ゆめ100募金 陸上競技部1.jpg
 

支えてくださる方に結果で恩返しを。

私たちが日々練習できるのはたくさんの方の支えがあってこそだと改めて実感しました。
コロナ禍で思うように活動できないこともありますが、皆様のご支援に感謝し、目標達成のためより一層頑張っていきたいと思います。
皆様に結果で恩返しができるよう努力致しますので今後とも応援の程宜しくお願い致します。

陸上競技部(女子駅伝チーム含む)に寄付する

活動報告

寄付のお礼(女子駅伝チーム)

2020年12月18日

DE846DF3-8067-4854-A57E-E5C6286DA383 (1).jpg
 
02E055DC-9BB4-4A2F-A156-F52E02B5AE95.jpg
 

 私たち女子駅伝チームは、このたびの「ゆめ100募金」で練習や大会でのフォームチェック撮影に最適なiPadを購入させて頂きました。今まではビデオカメラで撮影していましたが、iPadを使用することで細かな分析が可能となり、各自競技力向上に向けて役立てることができます。また、メンバー間での情報共有にも便利なため、今まで以上にチーム力向上を図ることができます。

 今年度は、コロナウイルスの影響で夏の合宿やチームとしての練習を十分に行うことができない状況でした。また、各大会・記録会で思うような結果が出せなかったり、全日本大学女子駅伝への出場を逃したりとチームとして悔しい思いをしました。そのような中、一人一人がチームの目標や個人の目標をしっかり持ち練習に励んだ結果、12/30(水)に行われる富士山女子駅伝への出場権を得ることができました。この大会や今後の大会等で結果として皆様に恩返しができるように、チーム一同努力して参りますので今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

2020全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)についての記事はこちら