1. HOME
  2. 寄付の種類
  3. 全人教育提唱100年募金

全人教育提唱100年募金
(限定記念品付き)

創立者小原國芳が、わが国で初めて「全人教育」を提唱したのは、
1921(大正10)年8月8日、大日本学術協会主催の「八大教育主張」講演会でした。

2021年は誕生から100年の年となります。
小原國芳による「全人教育」は教育の代名詞としてのみならず、現在では教育界において一般代名詞としても広く浸透しています。

「全人教育」提唱100年を記念して、1年間の限定で寄付募集を行うこととなりました。
ご支援いただきました寄付金は、「全人教育」の魅力やその意義をさらに広く社会に発信するためのイベントや広報費他に充当させていただきます。

全人教育提唱100年募金に寄付する

全人教育提唱100年募金にご寄付をいただきました方には返礼品の他に100年を記念した限定記念品をご用意しております。


 

全人特典.jpg

ご支援のお願い

玉川学園の教育理念「全人教育」は玉川学園・玉川大学の創立者小原國芳が「理想の学園」を模索し続けた結果生まれた言葉です。

小原國芳は、教育の理想は人間文化の6つの価値観(真=学問・善=道徳・美=芸術・聖=宗教・健=健康・富=生活)を、人格の中に調和的に形成することとし、6つの価値観を統合した人間を「全人」と呼びました。

「全人教育」提唱から8年後、昭和4(1929)年に全人教育を実践させるための学園、ゆめの学校「玉川学園」を創立しました。その理想を実現するために、玉川学園は総合学園として一貫した教育研究活動を実践し続けています。

本学では「全人教育」提唱100年を記念して、寄付募集を行うこととなりました。皆さまの温かいご支援と応援メッセージを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

ご支援いただきました寄付金は、「全人教育」の魅力やその意義をさらに広く社会に発信するためのイベントや広報費他に充当させていただきます。

 

募集要項


◎ 募 集 期 間:2021(令和3)年4月1日 ~ 2022(令和4)年3月31日

◎ 目 標 金 額:2,000万円

◎ お申込金額:個人1口 10,000円   
        法人1口 100,000円

 

 

 

無題1.jpg
 

 

創立者小原國芳 揮奄の書

 
 同書を譲られた石橋哲成玉川大学名誉教授は、この書について次のように語られた。
 

 若き頃(石橋)、小原先生に揮奄を願ったところ、小原先生は、ウーんと呻り、やおら筆をとると、大きな丸を書かれた、「うまい丸が書けた、な、円満な人格をあらわして、中に全人、うん」と言って自ら納得されたように、色紙を渡されたという。
 

 石橋名誉教授は、小原先生のオヤジ当番(学生秘書の役割)も長く担当し、互いの気心のわかるところで、全人の示すところを、この一書の中で伝えられたと推察される。

全人教育提唱100年募金に寄付する